• ホーム
  • ヒルドイドを使いたいならヒルドイドフォルテジェルを通販で買ってみよう

ヒルドイドを使いたいならヒルドイドフォルテジェルを通販で買ってみよう

2020年04月15日
顔を洗う女性

ヒルドイドは処方薬で皮膚科を受診して、乾燥肌などの疾患であることを診断してもらわなければいけません。残念ながら薬局で購入することができません。忙しくて皮膚科に行けない人にとっては、とても困った問題といえます。どうにか欲しいときに入手することはできないでしょうか。そんな人におすすめなのが、通販による入手です。この方法であれば、自宅から注文ができるし、皮膚科を受診する必要がありません。でも、病院に行かないと入手できないものが、何で通販で購入できるのでしょうか。それは同じ種類の医薬品を海外から取り寄せるからです。

このような方法は個人輸入と言われて、手続きをすれば適正に入手することが可能です。医薬品は海外で同じ物が作られていることが多く、ヒルドイドの場合はヒルドイドフォルテジェルになります。主成分であるヘパリンに変わりはなく、同じ効果を期待できます。個人輸入はもともと日本で流通していない医薬品などが海外にある場合に使用者が輸入することができるシステムです。対象となる医薬品に制限はないので、ヒルドイドフォルテジェルでも全く問題ありません。輸入の手続きは業者に任せるだけなので、配送先などの情報を渡して代理として通関してもらうことな可能です。つまり自宅にいても入手することができるので、ほかのネットストアとあまり変わりありません。

国内で流通しているものは、薬価とよばれる金額で請求されるのでどこで処方されても同じです。保険が適用できるので3割負担になります。個人輸入の場合は、決まった金額がないので、選んだ業者によって変わってきます。できるだけ安いところを探した方が良いのは当然です。ただし保険は使えないので全額負担となります。

個人輸入は輸送費もかかるし、高くなるような気がします。でも、国内で入手するためには診療を受けなければいけないため、その分が余計にかかります。また、病院に行くための交通費も必要です。トータルするとあまりかわらなかったと言うケースもあります。だいたいいくらぐらいがかかるか考えて、あまり変わらないようなら時間のかからない通販の方がおすすめです。ただし、もしも不調を感じたら、使った薬をそのまま持って医療機関を受診しましょう。日本で承認されている物と同じ成分を使っているかも知れませんが、個人差があり、アレルギー反応が起きるかも知れません。何を使ったのかはっきりするためにも必ず薬は持って生きましょう。